交通面で便利な都市で不動産を探そう【不動産会社の選び方を紹介】

滞在する施設の選び方

レディ

滞在日数で選ぶ

住民票がある住まいとは別に、遠距離に短期間だけ別に住まいを構えたい場合は、ホテル、旅館、マンスリーマンションなどがあります。ホテルや旅館は、一泊から一週間程度のビジネス、観光に向いています。例えば京都に行ってゆっくりしたいという考えなら、京都の旅館がぴったりです。ビジネスホテルは出張向けです。駅から徒歩圏内にあるので利便性がよく、クリーニングなどのビジネス滞在向けサービスが行き届いているので、京都に出張するときに最適です。ただし、何週間かの長期滞在になると、ビジネスホテルも旅館もコストがかかります。連泊割引があるビジネスホテルもありますが、やはり長期滞在すると毎日の食事代が経済的な負担です。1カ月以上長期滞在する人にお勧めの住まいが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションなら、通常の賃貸マンションのような感覚で暮らすように長期滞在できます。ホテルや旅館よりもだいぶ滞在費用が安くなるのがマンスリーマンションのメリットです。京都には、ショートステイプランやロングステイプランなど、滞在日数ごとにお得なプランが選べるマンスリーマンションがあります。2週間程度の滞在ならショートステイプランが、1カ月以上の滞在ならロングステイプランが最適です。宿泊費だけ支払えばよいので、電気、ガス、水道などの光熱費、管理費などは無料です。また、プロバイダもついているので毎日インターネットも使い放題です。